MENU

【なぜ?】アントニオ猪木はアミロイドーシスの病状が悪化したの?壮絶闘病生活とは?

2022年10月1日、速報でアントニオ猪木さんが心不全のため、自宅でお亡くなりになったと報道がありましたね。

突然の訃報で驚きました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

今回は

・どうして急に亡くなったの?アントニオ猪木はアミロイドーシスの病状が悪化したの?
・アントニオ猪木の壮絶闘病生活とは?
・世の中の声

について取り上げていきたいと思います。

目次

どうして急に亡くなったの?アントニオ猪木さんはアミロイドーシスの病状が悪化したの?

なぜ?どうして亡くなったの?と素直に思ったので、調べてみました。

プロレス界のスーパースター、アントニオ猪木さん(本名猪木寛至)が1日午前7時40分、都内の自宅で「心不全」のため死去したことがわかった。79歳だった。 関係者の話を総合すれば、猪木氏は心臓の難病「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」で闘病生活を送っており、8月にはテレビ出演、9月21日にはユーチューブの撮影に臨むなど体調は安定していたが、同29日に容体が急変した

東スポより

とあり、アントニオ猪木さんは「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」という難病を抱えており、

亡くなる前日には家族や友人と面会しており、急な病状悪化が原因で?今回ば亡くなるかもしれないと予測されていたことが考えられますね。

ではアントニオ猪木さんの難病である「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」という難病と闘う壮絶な闘病生活について見ていきましょう。

アントニオ猪木の壮絶闘病生活とは?

アントニオ猪木さんの病気はいつから?

アントニオ猪木さんは2019年秋から「心アミロイドーシス」という病気が発症したそうです。

2019年6月には、政治活動も積極的に行っていたが、参議院議員通常選挙には出馬せず、政治家を引退しています。

ご自身の病気について、知っていたかのように政治家引退をしていますね。

2020年7月には、自身のツイッターで、難病の「心アミロイドーシス」という病におかされていることを告白します。

当時は、「元気ですか?」精神で病気と闘っていくことも告白しています。

アントニオ猪木さんは車いす生活!大丈夫?

2020年の難病の報告から2022年現在は車いす生活のようでしたが、病状悪化していたのでしょうか?

アントニオ猪木さんは、2021年5月には「腸捻転」も発症し、手術をしています。当時は逼迫した状態だったといいます。

2021年11月のNHK放送では、正式な病名が「心アミロイドーシス」ではなく、「全身性トランスサイレチンアミロイドース」だと公表しています。

2022年6月時点では、病状は安定していたようですが、新型コロナのにもかかっていたと告白しています。

短期間で3回「危機」があり、病院の先生も「今回はダメかな」と言っていたとも話していました。とはいえ、新型コロナでは重症化せず大事に至らなかったそうです。

闘病生活については、「自分らしく生活したいという希望もあって自宅療養を選んだ」とも話し、自宅療養をつづけていたことがわかりますね。

手術、新型コロナと難病の闘病生活と年齢もあり、いろいろ壮絶闘病生活を送っていたようです。

アントニオ猪木が24時間テがレビで出演し、頑張る姿を見せていたが・・・

2022年8月に放送された24時間テレビに出演しており、これが最後のテレビ出演となってしまいました。

最後まで前向きな姿勢で闘病生活を送るアントニオ猪木さんに沢山の方が勇気づけられたと思います。

ただ、すごく痩せていて、心配になりますね。

【24時間テレビに出演したアントニオ猪木さん】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる