アワダジン・プラット、ホワイトハウスで演奏
既に、お伝えしたように、アワダジン・プラットが5月22日にホワイトハウスで開かれた、南アフリカ共和国のムベキ大統領歓迎晩餐会で、ピアノを演奏しました。当夜の曲目が、連絡されてきましたので、皆様にお伝えします。

ギボンズ(Orlando Gibbons) 「イタリアの庭」(The Italian Ground)

バッハ (J.S.Bach )   「フーガの技法(The Art of the Fugue)BWV 1080」より
            コントラプンクト No.1(Contrapuncutus:No.1)

ラフマニノフ(Sergei Rachmaninov) 前奏曲より (Preludes )
        13の前奏曲より 10.ロ短調 (Op.32,No.10 in B minor)
12.嬰ト短調 (Op.32,No.12 in G#minor )
        幻想的小品集より 2.前奏曲嬰ハ短調 (Op.3,No.2 in C#minor )

リスト(Franz Liszt) 愛の夢ー3つの夜想曲 (Liebestraume,3 Notturons)

シューマン (Robert Schumann) ミルテの花より 献呈(君に捧ぐ)Widmung (Lisztの編曲による)

パラディス (Maria Theresia von Paradis) シチリアーノ(Siciliana)

ヒラリー・クリントン大統領夫人の特別のご希望でこの晩餐会での演奏に招かれた、アワダジンは、演奏後、日本経済新聞のワシントン支局、春原記者のインタビューに答えていますので、その記事をご覧下さい。。