audition
audition
今ジャズが盛り上がっているのはヨーロッパだが、とりわけ北欧、特にスウェーデンのジャズ・シーンがこの1〜2年大きく注目を浴びている。
とりわけ、北欧ジャズの台風の目が「ジャズとは何かではなく、ジャズはどこまで可能かを示すことが出来るトリオ」とニューヨーク・タイムズからも絶賛されたE.S.T.と呼ばれるエスビヨン・スヴェンソン・トリオだということは、紛れもない事実だ。
エスビヨン・スヴェンソンが、ベーシストのダン・ベングルンドと、幼なじみのドラマーのマグヌス・オストロムを加えてE.S.T.を結成したのが1993年。
以来、現在までに本国スウェーデンでは7枚のアルバムを発表し、そのうち2枚はスウェーディッシュ・グラミーを受賞し、ポップ・チャートの15位にランキングされる程、人気・実力ナンバー・ワンのグループに成長している。
21世紀の、とりわけヨーロパのジャズ・ピアニストたちは100%キース・ジャレットの影響を受けているが、スヴェンソン自身も、彼が最も影響を受けたアルバムがキースの「Facing You」だということをインタビューで答えている
伝統的なジャズ・ピアノから始まり、ビル・エヴァンスからキース・ジャレットに到るピアノ・トリオ・サウンドを継承しながらも、ロックやエレクトリック・サウンドをどん欲にとり入れた斬新な演奏が今、ヨーロッパを飛び立ち、世界の音楽ファンの心を捉えて離さない。
21世紀のジャズの姿をもっとも分かりやすく体現している最強のトリオ、それがE.S.T.(エスビヨン・スヴェンソン・トリオ)だ。


back